Monday, August 25, 2014

ヤル気を出させて「続ける」コツは、脳をだますこと。

やる気の秘密は脳の「淡蒼球」にあり、この球が活性化しているときがやる気が出ている状態。
でも、淡蒼球は自分の意識では動かせない、無意識の部分にある…
だから周りを巻き込んで騙すしかない!そのためのスイッチが4つ!!というのが、本書を通しての主張です。


スイッチの4つは…

スイッチB:Body(体を動かす)
スイッチE:Experience(いつもと違うことをする)
スイッチR:Reward(ごほうびを与える)
スイッチI:Ideomotor(なりきる)

親から子へ、「やる気」のヒント。 - 教育・受験に携わる社員として~「和顔愛語 先意承問」 (via 4kshike) (via pinto) (via konishiroku) (via kyokutyo) (via voqn) (via nemoi) (via usaginobike) (via tra249) (via motomocomo) (via takaokiyosida)

2012-01-08

(via quote-over100notes-jp) (via mcsgsym) (via tiga) (via konishiroku) (via dannnao) (via suzukichiyo)
lawebloca:

( Via: Tricia Carr )
boobsinmotion:

Visit Boobs in Motion for more!

(Source: syuu)

子供が欲しくて産んだけど、子供がいるだけでありがたいけど、
双子が難病抱えながらも生きていてくれるだけで感謝だけど、
毎日そう思いながら子供と向き合う余裕はありませんでした。

そんなとき・・・
テレビ番組で関根勤さんが言っていた言葉が私を救いました。
「(子育て中は)子供をいかに笑わせるか。そんなことばっかり
 考えていました。お風呂に入る前にお尻を壁から突き出して
 振ったりとかね。」って。(こんな感じの内容)
それで早速その日にお尻突き出し(笑)をやってみると
子供たちが大笑い。4人全員が笑顔になったんです。
あ、なんだこんな簡単なことなんだと目からウロコ状態でした。
それからは子供をどう笑わせるか?と思いながら
子供たちと向き合うように努力しました。
「生きていてくれてありがとう」と思いながら向き合うのは
無理でも、「笑わせてやろう」と思いながらは意外と簡単。

続けていたら子供たちもとても良い状態になりイタズラも減り
毎日が幸せで楽しくなり、今は子供がかわいくて仕方がないです。
数ヶ月前が嘘みたい。
毎日イライラ子育てが一転、ニコニコ笑顔になりました : 妊娠・出産・育児 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) (via 901pm)
快楽を得る方法をドラッグから瞑想から娯楽から貪欲に調べまくったら、最高に人間の快楽を刺激し続けれるのは毎日規則正しく生活しながら一つの目に見える物をコツコツ作り続けて気の合う人と馬鹿なことやるっていうライフスタイルだという結論が出たことを快楽主義者各位は重く受け止めて下さい。 Twitter / gutchom (via kiurun)

(Source: ForGIFs.com)